自分のメンテナンスの話

寒くなってくると肩こりの人はより肩こりになります。日常生活や生活習慣でこり固まった筋肉が寒さの影響で体温を外に逃さないように収縮するのでダブルの要因で硬くなります。硬いまま放置しておくと筋肉のポンプ作用が弱くなり血流の循環が悪くなります。筋肉や軟部組織をしっかり栄養できなくなり代謝機能がしっかり働いてくれなくなります。すると負のスパイラルでどんどん悪いほうに進んでいきます。すると今度は知覚神経も鈍くなり、なにも感じないようになります。それでも放っておくと脳梗塞や血管系の病気になり手遅れになります。元気に見えていた人が急にポックリ死んでしまうやつです。体が痛みのサインを出しているうちに処理をしておくことが大事です。体の声を放置して聞かないフリや我慢をしていると割とガツンと大病をすることになります。脳梗塞をやって半身麻痺になってしまうと一生抱えていかなければなりません。人間の体は我慢の限界があります。機械だって手入れが必要なように人間も手入れをしたりメンテナンスすることが必要なのです。体の声に蓋をして大病するよりもちょっとずつメンテナンスしてこりを除圧してあげることが大切です。

私は寒さと疲れがピークに達すると「首がおかしくなる」感覚症状がでます。自分で感じます。それを放っておくと寝違いをおこしやすくなります。次にぎっくり腰を発症するパターンを自分でわかっています。首がおかしいと感じたら同門の仲間のところへ行って鍼治療をしてもらいます。私は普通じゃない体型なので深く刺す鍼は一緒に練習した仲間でないと刺せません。首も骨まで刺すには9センチの鍼をめいいっぱい深く刺さないと届きません。そこまで刺せる技術をもっている仲間でなければ信頼して体をあずけることはできません。

今回、自分の治療をしてもらいに行ったのは専門学校からの友人白石さんの治療院に行ってきました。新所沢駅の近くで開業しています。白石さんとは学生時代からお互いの体を実験台にして深く刺す鍼を打ち合った仲間で相棒です。初学者のころはお互いにおっかなビックリでギャーギャー悶絶しながら鍼を刺し合いました笑。その経験があるので鍼を刺される痛みは十分に理解しています。私が患者さんに刺す部位は自分も刺された経験のある部位です。お互いに国家資格を取ったら開業!という目標を掲げて切磋琢磨して目標を達成しました。このままお互いに経営を継続することが次の目標です。新所沢近辺で深い鍼をお探しの方がいましたらぜひ白石堂鍼灸院へどうぞ!

初見の鍼灸師では日和ってしまうであろう私の巨体にも白石さんはバンバン鍼を骨まで刺してくれます。軽度の症状の人は浅い筋肉をマッサージしたり細い鍼でツンツンする程度で症状が改善します。しかし我々が修行した北京堂浅野式は重度の重い症状の人を改善させる鍼術です。奥底の骨際に付着している筋肉を狙います。なので深く刺せないと筋肉に届かないのです。私は鍼を受けて骨まで届いているか感覚でわかります。白石さんの鍼はちゃんと患部まで届いている響きがします。首でも9センチの鍼が全部入ってしまうくらい私の脂肪は厚いのですがキチンと当ててくれます。学生時代に打ち合った経験があってこそ信頼しているので自分の体を任せることができるのです(あと3人仲間がいるのでその仲間の紹介もそのうちネタにしていこうと思います)。

白石堂鍼灸院
埼玉県所沢市緑町2−3−19JUN新所沢A106号室
※私の仲間で同門の白石さんの治療院です。お近くの方はぜひ!!

せっかく新所沢まで出かけたのでラーメンを食ってきました。所沢大勝軒のつけ麺を食べました。わんたんつけ麺、やさい増し。濃厚なつけダレともちもちの麺でとても美味しかったです。また白石さんのところへ行った時は食べたいです。所沢大勝軒美味い!

投稿者: kuginukisekkotuin

柔道整復師・鍼灸師・あマ指師です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。