キックボクサーの施術

元K−1選手の西脇恵一さんを施術する機会に恵まれました。アスリートを施術するとたくさん驚かされることが多いのでとても良い経験になります。一般の人にくらべて筋肉量、柔軟性、可動域のレベルがとても高いのが特徴です。筋肉の層が分厚かったり関節が柔らかすぎて普通にストレッチをかけても伸びなかったりと毎回驚かされます。

西脇さんは足の筋肉の引っ掛かりが主訴で筋肉が硬くなり伸びないことが原因ではないかということで深い針の施術にいらっしゃいました。針を刺すとお尻と太ももの筋肉が硬くなっていました。数回の施術で筋肉がゆるみ症状が改善しました。

驚かされるのは脚の筋肉がとても発達しているので目に見えて針の反応がわかります。針を刺して数分で血管が膨隆して筋肉がパンプアップしていくのが目で確認できます。大師匠の浅野周先生の著書にあった「筋肉の血流を見るために水槽に腕を入れて目印を付け、その後に針を刺してからもう一度水槽に手を入れるという実験の話」を思い出しました。西脇さんの脚は水槽が無くても目視で確認できます。本当に驚きです。

アスリートの施術は脳みそに汗をかくことが多いですが貴重な経験値をゲットできるので大好きです。これまでにキックボクシング、柔術、ダンス、バレエ、相撲、プロレスなどのアスリートの患者さんを施術させていただく機会がありました。どこへいっても改善しない症状でお困りのアスリートの方はぜひ一度施術させていただきたいです。ただし深い針を刺すので多少の痛みは伴います。痛みに弱い方には向かない針術です。

それでも改善をのぞむ方は是非!

投稿者: kuginukisekkotuin

柔道整復師・鍼灸師・あマ指師です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。